【講習会案内】2021年10月10日(日)岐阜県高山市TARS-1

TARS(Tree Aerial Rescue and Safety)レベル1講習開催のお知らせ

TARS(Tree Aerial Rescue and Safety)1とは

主にMRS(DRT)ツリークライミングで樹上作業している方のレスキューを学びます。ツリークライミングⓇの技術を駆使して行われる業務では、樹上作業中の事故などを想定し事態に即応できるチームとしての日常訓練を前提とすべきことが求められています。International Society of Arboriculture (ISA) でもレスキュー対応力の向上は特に重視されており、ISAが認定する国際資格取得の受験に際しても必須要件となります。日本でも樹上作業を行うツリーワーカーおよびグランドワーカーの責務として基本的なエアリアルレスキューを習得し、訓練を重ねることが強く推奨されます。下記の開催要綱をご確認いただき、必要な要件とギア類をご準備いただき、今次セミナー開催事務局宛てお申込みください。なお、講習参加者同士が連携しての実技も含まれますので、一定以上のMRS(DRT)登攀スキルとビレイ技術など基本的ツリークライミング技能があることが前提となります。  (※ご参考まで TARS Level 2 は、スパイク作業に従事する方の為のレスキューとなっております。)

日 時2021年 10月10日(日) 集合受付 8:15 (再受講者も同様) (雨天実施)
ギアチェック&基本スキルチェック開始時刻 8:30~ セミナー終了 18:00頃 (予定)
※ 新規受講と共に再受講の方もセミナー前にギアチェックを行います。但し再受講の方の
スキルチェックは行いません。再受講の方は前回を参考としていただき、推奨のギア類は
極力揃えてご持参ください。
場 所岐阜県高山市江名子町 地内
(詳細は受付終了後、受講者又は会社宛にお知らせいたします。)
主 催Arborist® Training Institute アーボリスト®トレーニング研究所
講 師ATI 認定トレーナー 中坪 政貴(ISA Certified Tree Worker /マスター樹護士アーボリスト)
参加対象・MRSツリークライミングを実践する方。
・更新のための再受講(TARS1受講済で3年更新のための再受講)
参加対象・救命救急の訓練を修了されている方。 (赤十字 消防等 修了証写し 要提示)
・MRSクライミングスキルを有する方。
(推奨 BAT-1受講修了 またはベーシックツリークライマー有資格者)
※新規受講の方は、集合後のギアチェックを経てMRSクライミングスキル等の事前チェックが
あります。MRSクライミングスキルが不十分な場合は、次回ご参加に延期していただく場合
があります。その場合、受講料半額相当についてご返金いたします。
受講料【初回受講者】     一般 ¥32,000  JAAメンバー割引 ¥28,800   
【更新再受講者】  一般 ¥32,000  JAAメンバー割引 ¥11,000 ( 3年更新)
【期限喪失後の再受講者】一般  ¥32,000  JAAメンバー割引 ¥11,000
  ※ TARS1セミナーは、受講日より3年間が有効期間です。各自期限の自己管理をお願いいたします。
  更新受講の方は、前回修了証をご持参の上、当日の提示をお願いいたします。
申込方法申込書と救急救命講習修了証のコピーをファックスまたはEメールで送付してください。
受付の後、こちらより確認のメールをお送りします。
受講料は、案内書記載の期限までに、指定の口座宛 お振り込みください。
※ 案内書は受付後お送りいたします。
受講証明講習会修了時に「受講修了証」が発行されます。(この際、修了時のお写真を撮影いたします。)
募集人員6名 (最少催行人数4名とさせて頂きます。最低催行人数に達しない場合開催できない場合がありま
す。ご了承ください。)
締切日2021年9月24日(金) (締切 ただし定員になり次第締め切り)
持ち物ツリークライミングギア (次ページのリストを参照してください)
各自 PPE 作業用安全基本装備を整えてご参加ください。
昼食 & 飲み物、雨具 タオル ギア用敷シート 筆記用具 雨具 保険証(コピー可)
その他修了後「TARS-1修了証」が交付されます。
当日は、正規受講生または正スタッフ以外の方のセミナー会場での見学等はご遠慮ください。
傷害保険には加入しておりません。参加者の責任において対応してください。

ギアチェックリスト

以下を参考に持参するギア類を各自装備の上ご参加ください。なお、ギアには必ず記名やマイギアとわかる目印をお願いします。

●  必ずご持参いただく道具   ANSI or CE 規格で認められたもの

□ 1 Safety Climbing Helmet
□ 1 Safety Glasses (or Helmet Visor )
□ 1 Tree Climbing Saddle (or Harness) ※ライフD環のあるもの
□ 1 120ft~150ft Tree Climbing Rope [MRS(DRT)ができるもの](1本以上)
□ 1 Throw-lines
□ 2 Throw bags   (最低1セット以上)
□ 1 Lanyard (1セット以上)
□ 8 Triple action Double Locking Carabineers
(合計で8枚 ランヤード、クライミングシステムを含む)
□ 1 Safety Rescue Prussic Loop or Code (1本以上) 8mm程度
□ 1 Micro-Pulley (1個以上)
□ 1 エイト環 
□ 1 Safety Whistle (ホイッスル)
□ 1 Hand Saw or Hand Pruner (剪定ノコギリ)
□   Pen  and Note Book (筆記用具)
□ PPE (個人安全装備と作業に相応しい服装) (一部上記を含む)
□ Field Sheets or Bags for Personal Gears (マイギア用シートと収納等)

● 各自のクライミングシステムで必要に応じて持参、または現場にRescue用に通常装備するもの

□ MRS &SRS両用ロープ1本
□ Safety Rescue Prussic Loop or Code
□ Foot-Locking Prussic Loop
□ Closed Friction System (EYE to EYE Code , Micro-Pulley)
□ Daisy Chain 60 inch  姿勢確保用
□ Loop 10mm or 8mm径  70-90cm
□ Rescue Cutting Knife ロープカット用ナイフ
□ Micro Hauler リフト用具
□ Micro Mouse Pulley
□ Micro Double Rescue Pulley
□ First-Aid Kit 樹上携帯用  地上装備用
□ その他 レスキューに必要と思われるマイギア類

* ご自身で使用している使いやすい道具等がありましたら持参して紹介してください。
*ANSI や CE等 または国内安全基準表示で一定以上の国際安全品質を満たすもの推奨。
* 特に2回目以降の参加の方は作業現場に装備しているRescue Gearはすべて持参してください。
(セミナー修了後、現場に準備すべきギアを見極め、順次装備・交換・調達等してください)

要綱・申込書ダウンロード

【お申込・お問合せ先】

中坪造園有限会社 デンドロ・サービス講習会事務局
〒506-0818 岐阜県高山市江名子町1749番地23
TEL 0577-33-0361
FAX 0577-35-2828
Email  dendoro-service@khh.biglobe.ne.jp


アーボリスト®トレーニング研究所本部事務局
〒480-1201愛知県瀬戸市定光寺町323-4
TEL:0561-86-8080
FAX:0561-86-8580
E-Mail:info@japan-ati.com
URL:https://japan-ati.com/