【講習会案内】2021年11月30日(火)~12月1日(水)大分県由布市湯布院町BAT-3B

ベーシックアーボリスト®トレーニングBAT-3B開催のお知らせ

ATI ベーシックアーボリストトレーニングコース BAT-3B とは

「ATI」公式の講習会です。「BAT 3」とはBasic Arborist Training Courses の第一段階(レベル3)のことです。職業としての樹上作業のうち、より高度で複雑なリギング(枝や幹のコントロールされた吊り下ろし技術)およびベビーリギング実技、あわせて樹上でのチェンソーの取り扱い方や、スパイククライミング実技を含む断幹などの作業について実技を中心にAコース(1日)およびBコース(2日)に分けて合計3日間でお伝えします。焦らず一歩ずつローアンドスローで確実に自分の技術にしていってください。国際組織ISAⓇ(International Society of Arboriculture)が推奨する世界仕様の技術セミナーです。

ATI ベーシックスキルコース レベル3B の主な講習内容

(復習)BAT-1, 2, 3Aまでの基本的事項についての習得度および熟練度の再確認
・スパイク装着時のリスクの説明(スパイク装着時に最適または不適なPPE条件 )
・スパイク使用時のポジショニング(安定作業姿勢)の訓練、使用するギアの組み合わせ
・スパイククライミング樹上訓練(ロー&スロー)でスパイク移動の反復訓練
・断幹作業時のリギングブロック、及びロードラインの設置訓練
・断幹作業時のフリクションコントロールデバイスの設置訓練
・各種ノッチNotchの特性と 状況に応じた受け口と追い口の入れ方 使い分けについて
・断幹作業時に求められるグランドワーカーの資質と役割
・スパイク断幹作業のためのクライミングとリギング設定の反復訓練
・大径木や傾斜木の場合などいろいろなカットの手法と手順、ロードの大きさの選択について
・樹種、季節による含水率変化など比重の違いや幹の組成材構造の違いの理解
・スピードラインなどを伴う難易度の高いより複雑な断幹作業時の注意点
・幹の傾きや形質・径の違い 状況に応じたより高度なスパイクポジショニング
・スパイクイミング時のチェンソー機種と取り扱い方 小型~大型まで
・チェンソーを使った樹上カッティングの訓練 (基本:低い箇所でソーチェーン未装着による訓練)
・スパイクレスキューの想定と地上に準備すべきレスキュー用スパイクの常時配置。
・TARS-2セミナーの受講推奨

日時2021年 11月 30日(火) 800 現地集合   (夜の講義があります) 
    12月 1日(水) 8:00 現地集合   18:00 解散予定
場所マルマタ林業(株)保有林 大分県由布市湯布院町川西
主催・講師Arborist®Training Institute アーボリスト®トレーニング研究所
ATIトレーナー 宇治田直弘
(ISA Evaluator ISA Certified Tree Worker /Climber Specialist JP-0006T)
申込方法下記申込み用紙にご記入の上、下記FAX・郵送・E-mailにて指導トレーナー迄お申込みください。
受付後、詳しい資料をお送りします。

※詳細は要綱をご覧ください

要綱・申込書ダウンロード

【お申込・お問合せ先】

 〒396-0215  長野県伊那市高遠町小原381-2
樹木業 Tree care ujiyan   宇治田 直弘 
E-mail treecareujiyan@gmail.com
携帯 090-2012-1550
FAX 0265‐94‐4220

メールにて申込みしてください。携帯SNS、メッセンジャーでの申込みでも対応させていただきます。


アーボリスト®トレーニング研究所本部事務局
〒480-1201愛知県瀬戸市定光寺町323-4
TEL:0561-86-8080
FAX:0561-86-8580
E-Mail:info@japan-ati.com
URL:https://japan-ati.com/